缶バッジ用の写真の編集・オリジナル画像の作り方【LINE Twitterのトップ画像にも】

どうやって作るか




今回缶バッジを作るにあたって 私はペンタブを使ってオリジナルのイラストを書きましたが、ペンタブなんか使わないで自分で画像を作りたい!という方。

大丈夫。スマホだけでも自分で画像作れます。

オススメのアプリを紹介するので、これから作ろうかなーと考えている方は参考にしてください。

みうめ
缶バッジに限らずLINEやTwitterのアイコンにも使えます。

ドットの可愛い絵を書きたい!『dotpict』

ドットピクト! かんたんドット絵アプリ

ドットピクト! かんたんドット絵アプリ
無料
posted with アプリーチ

 

キャンパスサイズ(ドット絵の粗さ)も16×16から96×96まであり、既存のパレットの種類も多いので、自分の書きたい絵の雰囲気に合わせて色を選ぶことができます

みうめの「謎のピンクの生き物」アイコンも、これでテキトーに作りました。

 

自分のキャラをカスタマイズ『famchatty』

famchatty

famchatty
無料
posted with アプリーチ
わがままっ子
自分で絵を描くなんて無理ーー!
誰かいい感じのキャラクター描いて! あっ、でも私の個性も織り交ぜて!!

そんなわがままっ子なあなたにオススメするのは『famchatty』

 

人気作家の小山健さんをはじめ、クリエイターたちがキャラクターの髪・顔・輪郭・アクセサリーなどのテンプレートを描いてくれています

あなたはその中で好きなものを選ぶだけ!簡単なのに個性大盛り。これに好きな言葉でも追加しとけばもう缶バッジ作れます。

 

豊富なフォントを好きな形で文字入れ『Phonto』

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ
開発元:youthhr
無料
posted with アプリーチ

写真も画像もなんでもこのアプリで文字入れできます。

このアプリの凄いところは何といってもフォントの種類の豊富さ。英語だけでなく日本語のフォントも多いのも、かなりポイント高いです

文字を入れるなら他のアプリではなく『Phonto』でやるのが正解です。

笑い男

笑い男のI thought what~の部分のように。

そしてこのアプリが缶バッジ作りに向いていると思う点は文字をカーブさせることができるということです。

どういうことかというと、バーっと入力した一列の文章を、山型にも谷型にも曲げられるので、画像を丸い円の形でぐるっと囲うことができるのです。

 

とにかくフォントの種類が豊富なので、何か強く訴えたい言葉がある方は このアプリだけで缶バッジを作ってもかっこよくできます

今回私が作った缶バッジの画像のうち1つも、このアプリのみで作成しました。

 

缶バッチを作る前に!画像の丸抜き『Krop Circle』『Round Photo』

Krop Circle

Krop Circle
開発元:K People LLC
無料
posted with アプリーチ
Round Photo:写真を簡単に丸く切り抜き☆

Round Photo:写真を簡単に丸く切り抜き☆
開発元:addquick
無料
posted with アプリーチ

私が使ったのは『Krop Circle』の方なので、Androidアプリの『Round Photo』の使い勝手はわかりませんが、缶バッジを作る時には必ずこれらのアプリで画像を丸く抜いていきましょう

そうしないと、画像が枠からはみ出てしまったり、画像が大きすぎて缶バッジの中に入りきらない場合があります

 

『KropCircle』はカメラのキタムラが推奨しているアプリなので、安心して使えます。

 

 

みなさんがお気に入りの画像を作れるよう願ってます\(^o^)/

カメラ屋さんで スマホから「おさわりおばさん避け」缶バッチ作成してきました。

2017.11.04






コメントを残す