体力と精神をすり減らさないために、出産入院前の自分へ5つのアドバイス

ハートのオブジェを持つ女性




1年前の私はちょうど正産期に入って、いよいよ赤ちゃんに会えるのか〜とワクワクしているころでした。

 

しかし、

  • 知り合いのいない土地
  • 育児について気軽に相談・頼れる人がいない
  • 旦那激務(=ワンオペ育児になる) などなど…

初めての育児をするにはかなりハードな状況でのスタートになることがわかっていたので、不安もたくさんありました。
あと陣痛も怖かった・・・。

 

この記事は、そんな出産前の過去の自分にしておきたい5つのアドバイスです。

 

妊婦さん
もう少しで出産だけど、心得ておくことや、今からできることってなにかあるかしら?

というお母さんのお役に立てればいいなと思います。

 

陣痛がきたら余裕のあるうちに寝ておこう

眠る女性
みうめ
これは陣痛?前駆陣痛????

初めての出産だったので、なんだかお腹が痛いような気がしてもそれが出産につながる陣痛なのか、

それとも分娩には発展しない前駆陣痛のなのかわかりませんでした。

 

なんだかお腹が痛いような気がするな〜と思ったら、

玄関に入院のときに必要な荷物を準備して、着替えをして、とりあえず寝ましょう
(あと破水したときのために産褥パッドをつけておくとgood!)

 

なぜなら、陣痛が長引くと睡魔と痛みがダブルで来て辛いですし、

出産後スグは目が冴えて眠れないから!

 

私はこれまで二十数年生きてきてガチの徹夜をしたことがなかったのですが(徹夜といっても15分くらいは寝てたり)、

出産した日は目を閉じてじ〜っとしていても一睡もできませんでした

 

身体は出産で疲れているはずなのに、脳は大興奮中

さらに慣れない病院の硬いベットと枕を使っているということもあり、落ち着かない。

 

陣痛がきていても、痛みが弱くてまだ眠る余裕があるうちはしっかり寝ておきましょう

 

入院中は助産師さんに頼りまくる

ハートを持つ女性

出産翌日から母子同室の産科が多いですが、頼めば助産師さんが見ててくれることもあります

 

私は日付が変わるちょっと前に出産したので、出産後半日も経たずに母子同室がスタートしました。

一睡もできていない状態で3時間ごとのミルクとオムツのチェックはきつかった・・・。

なので入院二日目(出産翌日)の夜間のみ助産師さんにみてもらって、ゆっくり眠ることにしました。

 

  • 「やっと会えた我が子と1秒でも離れたくない!」
  • 「助産師さんも忙しそうだし母子同室の病院なのに迷惑じゃないのかな」

こんなことを考えたりもしましたが、

家に帰れば誰にも頼れないし、可愛い我が子は3時間に1回は泣いて、ずーっと一緒になるから!

 

出産で使った体力をできるだけ取り戻すことを第一優先にして、

助産師さんに遠慮せずにやってもらえることは全部やってもらいましょう。

 

助産師・栄養士・保健師の言うことを全て真に受けない

疑う
助産師
え〜っ!そんなの虐待よ〜っ!
栄養士
和食中心で3食キッチリ食べないと母乳は出ません!
保健師
旦那さんもお仕事頑張ってるんだから、育児はあなた一人で頑張りなさいよ〜!

 

もーね、あの、いろんな人。

しかも助産師とか、栄養士とか、保健師とか、子育て経験のあるおばさんとか……

育児に関して詳しそうな人がこれからあなたにいろんな呪いを唱えてきますけど、

右から左に受け流そう!

 

不眠不休で必死に赤ちゃんのお世話をしているあなたに冗談でも「虐待」なんて言ってくるクソババアは脳内でボコボコに殴っていいし、

ちょっとファーストフード食ったくらいで乳は詰まらん!正しい知識を身につけよう!

「男は仕事、女は家」なんてのはワンオペで育児している家庭では無理!一人で頑張るんじゃなくて二人で頑張ろう!

 

とはいえ何が正しくて何が間違っているのかなんて素人にはわからないもの。

可愛い我が子に間違った対応をしてしまっていないか心配にもなります。

森戸やすみさんの『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』に非常に助けられました。

 

呪いの呪文を唱えてくるモンスターたちに産後のメンタルをボロボロにされないためにも、

出産前に目を通しておくことを強くお勧めします。

 

産後1週間の入院中、旦那にやってもらいたいことをリストアップする

チェックリスト

入院中の洗濯物の持ち帰り

陣痛が来て病院に行くときにはあらかじめ指定された持ち物を持って行くことになると思いますが、

その時点で結構な大きさの荷物になりますよね。

 

帰りに追加される荷物etc

  • 入院日数分の洗濯物
  • 書類
  • 病院からもらうお産のお祝い(私は大きな紙袋1つ分もらいました)
  • 面会に来た人からのお祝い(食べ物くれる人が何人もいて食べきれなかった)
  • 赤ちゃん

帰りに大変な思いをしないためにも、入院している間に家族の誰かに洗濯物は持って帰ってもらいましょう。

 

近所への挨拶回り

赤ちゃんを連れて帰った後に挨拶回りにいくのもいいですが、

赤ちゃんは新生児期、寝たり起きたりを繰り返してほとんど泣きっぱなしですので、心身共々ボロボロになります。

 

その状態で近所への挨拶回り(しかも不在の家庭があれば何度もいかなければならない)に行くとなると、結構つらいです。

 

しかも赤ちゃんをつれて挨拶に行くと、迷惑に思う人がいるようです。
「お礼目当て?」「不妊症の人への配慮が足りない!」「赤ちゃん見せに来て、それで何?」などなど・・・(ネットで見て知りました。ちょっとびっくり。)

 

旦那
この度子供が生まれまして、

泣き声など何かとご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、

できる限り気をつけてまいりますので、よろしくお願いします。

挨拶回りの品は出産前に準備しておいて、

入院中に旦那に一人で挨拶に行ってもらうのがいちばんいいのかな〜と思います。

 

【重要】洗濯・皿洗い・掃除・ゴミ出し

  • 核家族
  • 出産前は妻が家事を全て担当していた。

家事を妻がやっているのが当たり前になっていると、旦那は妻の入院中も当たり前に家事をしません。

 

  • 洗濯物は山盛り。
  • シンクは食器だらけで底が見えない。
  • 1週間分のゴミ出しをしていない。
  • 机の上はペンや調味料、書類でいっぱい!

 

日頃から家事をする習慣がないからであって、わざとやらないでいるわけではありませんが、

退院後は赤ちゃんとできるだけ快適な環境で過ごしたいですよね。

 

「入院中、洗濯・皿洗い・掃除・ゴミ出しやっておいてね」と一言 言っておくだけで

退院後家に帰ってガックリしなくてすみますから、

「このくらい言わなくてもやってくれるでしょ〜!」と思わずに、リストアップして渡しておきましょう。

 

5分でできる料理のレパートリーを増やしておく

フライパンにのってるソーセージ

産後すぐは心身ともにダメージを受けていますので、スーパのお惣菜や、コンビニのお弁当などを積極的に利用していきたいもの。

しかし毎日それらを利用していると、食費だけで出費が大変なことになってしまいます

 

例えば夫婦二人分なら・・・。

  • おかず1品250円
  • 朝1品+昼2品+夜3品=1日6品
  • 1ヶ月31日計算

 だと、おかずだけで1ヶ月あたり93,000円(米・パンなどの主食抜き)もかかります。ひぇ〜

 

産後育児も家事も完璧にこなすのは辛い。でもお金もつかいたくない。

そんなときに5分でできる簡単な料理を知っていればとても役に立ちます。

 

私は産後、塩コショウを振った鶏肉モモ肉(または豚もやし)をスチーマーに入れて電子レンジでチンしてポン酢をかけるだけ〜

↑のような5分でできる料理で産後をのりきってました。

 

あとは日中に冷凍米を作っておいてふりかけで食べるとか(お米は腹持ちが良い!)

ゆで卵をいくつかストックしておくとかすると、夜にお腹が空いた時でもすぐ食べられて便利です。

 

いまできることは今やっておく!

画用紙とペンと熊の置物

内祝いの品を事前に考えておいたり、コープを頼んでおくなど、

ほかにもやっておいた方がいいことはたくさんありますが、今を楽しむことも忘れないでください

 

産後は赤ちゃんの面倒を24時間見続けてると、ボロボロになります。ならない人もいますが(すごい)

 

どこかにいきたいだとか何かを食べたいだとか思っても、生まれたばかりの赤ちゃんを外に連れて行くのは大変だし、

旦那さんがおやすみで1日我が子の面倒を見てくれていても、

疲れ切って何もする気がおきないとか、しばらくはそういう期間があるかもしれません。(by産後ガッツリうつっぽくなった人)

 

ゲームでも、読書でも、外食でも、妊娠中でもできる楽しいことは今のうちにたくさんやって、

子供のいない今の生活も楽しんでくださいね\(^o^)/

 

はじめての出産。「痛み」に焦点を当ててレポートしてみた

2018.03.20

【出産準備】実際に持っていってよかったもの・いらなかったもの。

2017.09.01