この世はカラーデザインに溢れている。自分に合う色とは
スポンサーリンク

ブログを書き始めて約1ヶ月。

数記事投稿し終わったところでブログのデザインが気になってしまって、肝心な記事更新ができないでいる みうめ(@miumeuni)です。

 

美容系ブロガーの方のブログデザインのなんと美しいこと!!

同じブログデザイン STORK を使っているのに、この違いはなんだ!素敵!

 

美容系ブロガーだけでなく、海外での生活を綴っているブログもシンプルかつカッコイイものが多い。

私もそんな風になりたい!

 

デザインは形だけではなかった!

今まで "デザイン"というと、物の形!!と思い込んでいたので、

今使っている机の縁の丸み、シリコンコースターの凸凹、macbookの薄さ(?)

こういうものがデザインなのだと思っていました。

 

ウェブサイトで言えばサイトのロゴや、トップページの画像。

こういうものがかっこいいと、自然にいいデザインのサイトができていると思っていました。

 

色の重要性

でも最近気づいたんです。

色が良ければ特にデザインをいじっていなくてもそれなりなサイトができる。

逆に言えば色がダサいとどんなにカッコイイものもダサくなる!

 

例えばね、鋼の錬金術師っていう漫画・アニメがあるんですけど その中で、

「立って歩け 前へ進め あんたには立派な足がついてるじゃないか」

っていう主人公のエドワードエルリックが言った大事なセリフがあるんです。カッコイイ...!!

 

でもこれを、ヘンテコな色付けをすると

立っ歩け 前へ進め あには立派な足がつてるじゃないか」

 

ダサい!読みづらい!!台無し!!!!!

セリフに迷いがありまくりそうな感じ、しますよね。

 

文字でも色だけでこんなに印象が変わってしまう。

そのくらいデザインにおいて色って大事なんだと20数年生きてきてやっと知りました。。

 

スポンサーリンク

自分らしい色の探し方

今回私が色の重要性に気がついたのは、このブログのサイトカラーを設定しようとして

他の人のブログを飛び回ったからです。

 

初めて最初から(無料ブログサービスなどを利用せずに)作る雑記ブログだから、

自分らしさを詰め込みたい!

そう思った時に、ただカッコイイブログの真似をするだけじゃなくて、

自分に似合う色をみつけないといけないと思いました。

 

Google画像検索を利用する

Googleの画像検索で「」「」「ピンク」「」「」など

色の名前を検索して、検索結果を上から下までゆっくりスクロールし

一番しっくりくるページは何色で検索をかけた時かを試してみました。

 

他にも、女性だったら「ネイル」で検索して

好きなネイルを選んでいくと同じような色や色の組み合わせの傾向がわかります。

 

ちなみに私がその時その中でいちばんしっくりきたのはピンクだったので、

ピンクをこのブログの基本カラーに決めました。

 

自分の持ち物の色を見る

身につけているものや、普段使っているもの。

お財布・スマホカバー・洋服の色 なんでもいいです。

今身の回りにあるものをよくみてみると、無意識のうちに自分が選んでいる色があると思います。

 

あなたが多く身につけている色が一番あなたらしい色だと思います。

 

身近な人に聞いている

上2つは自分の選んだ自分の色ですが、

自分以外に聞いてみることで、自分には見えていなかった自分の色が見えてきます。

(「ジョハリの窓」でいう、「盲点の窓」っぽい・・・)

 

みうめ
突然なんだけど私って2色くらい選ぶとしたら何色っぽい?笑

友人何人かにLINEしてみたり、旦那に聞いてみたりしました。

 

結果多かったのは、白とピンク!

 

自分に合う色ってなんだろう

ここにきて疑問。もう文字数も1557文字まで来たのに ここにきて。

  • 好きな色
  • 好きではないけどなんとなく選んでしまう色
  • 他の人から見た自分のイメージカラー

どれも間違っていないし、自分がいいと思うならそれは自分に合う色だと思う。

 

でもここまで考えてきて思ったことは、

似合う色 ≠ 合う色

自分で選んだにせよ他人が選んだにせよ自分に似合う色がイコール合う色ではないと思う。

 

似合う色でしっくりくればそれでいい。

でももし何か違和感があるならば、思い切って別の色にチャレンジするのもいいし、

似合わないけど好きな色があるならそれを自分の近くに置き続けることで

その色らしい人間に変わることもできると思う。

スポンサーリンク
考えたことの関連記事
  • 海辺に座る二人の女性
    付き合う人を変えて、本当に会いたい人にだけ会うようにした。
  • 鉛筆とノート
    24歳になったマッマの「やりたいことリスト100」はこんな感じ〜!
  • 小学生の2人に1人がスマホを利用している時代に
    小学生のスマホ所有率50.4%!小学校はネットリテラシー教育にもっと力を入れるべき
  • 「私の話を聞いて」聞き役になってしまう私にとって、ブログはぴったりだった
  • だめ
    相手が年下っぽくても初対面で年齢を聞くのは失礼なのでは?
  • 部屋
    "お母さん"って自分の部屋ないよね。主婦も自分の部屋が欲しい!
おすすめの記事