YouTuber アバンティーズのエイジさんが亡くなった。

お正月に休暇で海外へ行って海で遊んでいたところ、波にさらわれてしまったらしい。

 

私は正直アバンティーズの動画は数えるほどしかみたことがないので、メンバーの顔と名前も一致しない。

他のYouTuberの動画をみている時にたまに見かけるグループのメンバーのうちのひとりでした。

 

そんな知ってるか知らないか微妙なラインの人のことなのに、

私はいま、とても、とても悲しい。

 

 

去年のしばなんのクリスマスパーティーの動画に映っていたような気がしたので、その動画をもういちどみてみた。

あぁ、この人が「エイジくん」かぁ。

動画の中盤になってやっと現れた彼は、若くて、元気な、普通の22歳。

 

涙が止まらなくなった。

 

彼はワタナベマホトがUUUMに加入した時、憧れの先輩と同じ事務所になれたことが嬉しくて、泣いていた。

これまでどんな思いでYouTubeを続けていて、これからどんなことを夢見ていたのだろう。

 

 

私の話になる。

私は高校生の頃に母親を亡くし、大学生の頃に祖母を亡くした。

でも、どちらのときも泣けなかった。

 

悲しいという想いがなかったというわけではないが、

複雑な状況の中での死だったので、しっかりと受け止めることができなかったのかもしれない。

 

でも今、その時の影響が出ているような気がする。

身近な人の死に触れたことで、その後の他者の死に敏感になったのだろうか。

 

 

人は死ぬ。

突然、何の前触れもなく、人は死ぬ。

いまこうしている間にも、世界中で誰かが死んでいる。

 

誰かと会う時は「もう二度と会えないかもしれない」というくらいの気持ちで目一杯楽しんで、

毎日共に過ごす家族やよく会う職場の人、近所の人にはいつも親切にしていきたい。

 

エイジさん、どうか安らかにお眠りください。

おすすめの記事