ガールズバーでバイトしようか考えている方へ元店員が説明します。

バーにお酒がたくさん並んでいる




こんにちは。現在子育てをしている専業主婦の みうめ(@miumeuni)です。

誰だって手っ取り早く稼ぎたい!

そう思った時に多くの女の子は「水商売ってどうなんだろう?」ってちょびっっと考えたりもするんじゃないでしょうか。

 

水商売の代表的なアルバイトといえば、キャバクラ。

もっとハードな内容でやっていけるのならば風俗なんかが浮かぶと思います。

 

キャバクラや風俗は漫画やドラマになっていたりして、仕事の内容がなんとなくわかっている方も多いです。

でも、それらに比べてガールズバーって漫画やドラマになっているものが少ないですよね。

だから行ってみないと実態がよくわからない!

 

  • 顔は可愛くないと採用されないの?
  • 仕事内容は大変?
  • 同伴やアフター、営業メールは?
  • 枕営業⁉︎
  • お酒は飲めなきゃいけないの?
  • てかキャバクラとの違いって何
  • 何歳から働けるの?
  • どのくらい稼げるの?

働く前↑のようなことをググりまくってました。

 

でも実際に働いてみないとネットの情報だけではわからないこともあります。

2件のガールズバーで計1年働いていた私が、ガールズバーでのアルバイトについてお話しします。

 

※あくまで私が働いていたガールズバーでのお話なので、

お店によっては違うこともあるということも念頭に入れておいてください。 

 

ガールズバーで働くことになった経緯

学生の頃不安障害を患ってしまい、1年休学をしていました。

パニック発作もあったので、授業を受けてレポートを書いてテストを受けて〜という作業がどうしても辛く

マニュアルを間違えたらどうしよう・・・と考えるとバイトをするのも怖くて何もできない状態でした。

 

それでも私は一人暮らしをしていたので、大学を休んでいるのに仕送りももらうなんて親に申し訳ないと思い、

どうにかして自分の生活費くらいは稼ぎたいなと考えていました。

 

そんな時に大学の一番仲のいい友達がやっていたのがガールズバーだったんです。

「求人もたくさん出てるから、自分に合いそうなところに体験入店だけでも行ってきな!」

そう言われて 1件目のガールズバーに体験入店→即採用→引っ越しで退店して二件目→復学前に退店

という感じでした。

 

ガールズバーのアルバイトにまつわる疑問アレコレ

ガールズバーとキャバクラの違い

お客さんの隣に座らずテーブル(カウンター)を挟んで立ったまま接客する

話してる間ずっと立ちっぱなしです。酔っても立ちっぱなし。

営業終了後足が棒になります。

 

でも隣に座らずにテーブルを挟んでの接客なのでおさわりなどされづらくなります

キャバクラだとおさわりしてくるお客さんや、酔ってもたれかかってくるお客さんもいます。

テーブルを挟む分 あんまり近づきすぎなければ触られても手くらいですみます。

 

タバコの火をつけるなどの接待はしない

扱いは”飲食店”なので、お客さんにタバコの火をつけるなどの接待はしません。(灰皿の交換はします)

私はタバコの火をうまくつけられないのでタバコの火をつけなくていいという所が好きでした(笑)

 

お酒は女の子※が作る。

お酒は女の子が作ります。(店長や他のバーテンダーさんなど 別の人が作ってくれるところもあります)

なので、お酒の濃さを自分で調節できます。

お酒を飲めない日に間違ってお酒入りのドリンクを持ってこられて無理やり飲む〜なんてこともないです。

(シャンパンなどのお客さんと一緒に飲むものが出た時には飲むしかないですが・・・)

 

同伴やアフターが無い

キャバクラだと同伴やアフターでポイント(給料)稼ぎをしたりしますが、

ガールズバーは基本的に同伴やアフターは無いです。(給料+αでもらえる所もあるようですが)

 

同伴やアフターに誘われてもお給料にならないのでガンガン断ってました。

もちろん仲良くなったお客さんと遊んでからお店に行くということもありますが、

それは個人的に遊んでいるだけということになります。

 

キャバクラと同じ所

お客さんと楽しくお話をする

飲んで騒いでその場を盛り上げます。

静かに飲みたいお客さんとはゆっくりお話して過ごします。

 

営業メール※

これはしなくてもいいですが、したほうがいいです。

「今日はきてくれてありがとう、楽しかったよ。」と連絡するだけでも喜ばれますし、

次回の来店確率は上がります。

 

でも私は全然しませんでした(笑)

自分から連絡先を聞いたことなんて一度もありませんし、教えるにしてもLINE意外教えませんでした。

1件目では常連さんにだけLINEを教えて、2件目では嫌いなお客さん以外 聞かれれば教えてました。

 

どうしても教えたく無いお客さんに連絡先教えてよと言われても「あとで連絡するから連絡先教えて〜」とか言っておいて、

後日また来たら「ごめん忘れてた〜^^」とか「連絡先のメモ失くしちゃった〜」とかで乗り切ってました(笑)

 

送迎・日払いがある

閉店までいると終電が終わってたりしますが、車で家まで送ってくれるので安心です。

日払いは1日いくらまでという縛りがある所が多いです。(だいたい1万円かな)

 

顔は可愛くないと採用されないの?

そんなことないです。

そりゃ可愛い人もいます。化粧も他の職種と比べたら頑張ってると思います。

でも正直ドブス・超デブでない限り顔だけで落とされるなんてことはまずないでしょうね。(デブ専のガールズバーやキャバクラもあります。)

 

お店によってどのくらいのレベルのどんな雰囲気の女の子がいるのかも全く違いますが、

大事なのは顔より中身。暗い美人より明るいブス。ガールズバーで一番残念なのは人気のない美人です。

 

それでもどうしてもガールズバーで働いてる人の顔面偏差値がどのくらいか知りたければ、

「ガールズバー」でgoogle画像検索でもしてみたらいいかと思います。

特別美人じゃない人もいるでしょう・・・?

私が働いてる時も「あれっ?」と思う女の子もチラホラいました。(中身は優しくていい子です)

 

仕事内容

お客さんがいる間

料金の説明・おしぼりを渡す・お酒を作る・楽しくお話をする・グラスを拭く・灰皿を換える

 

難しいことは特に無いです。

話題を絶やさないよう話のネタをみつけて、場を盛り上げるテクニックを身につけていけば大丈夫です。

お酒の作り方は覚えずに簡単な説明書をみながらやって大丈夫です。

 

お客さんが帰ってから

テーブルを片付ける・グラスを洗う・灰皿を綺麗にする・席を整える

キャバクラと違ってお客さんが帰った後の片付けは自分たちでやります。

 

枕営業ってあるの?

そんなもんありません。

と言いたい所ですがやる人はやります

でもガールズバーだからやるとかって話ではなくて、どの業界にもやる人は一定数いますよね。

水商売も、やる人はやるし、やらない人はやらないです。

 

キャバクラならまだしも、ガールズバーで枕営業なんてしたって全く割に合わないと思います。

とはいえ、当時 確実にやってる人を1人と、やってるかどうかグレーゾーンの人を数人見たのは確かです。

 

もう一度言いますが、ガールズバーで枕営業なんてしなくて大丈夫ですよ。

そんなことするくらいなら風俗に行った方がてっとり早く稼げます。

 

働ける年齢

ほとんどのお店が18歳(高校卒業)以上なんじゃ無いかなと思います。

たまに高校生ガールズバーもあるみたいですが、昔摘発されてニュースになってましたよね。

 

高校卒業していなくても、18歳なら雇ってくれる所もあるみたいですが・・・

私はオススメしません

 

悲しいですが夜職は従業員にもお客さんにも悪い人はたくさんいるのは事実で、

高校卒業して自分の責任は自分で取れるようになってからやるべきかと思います。

夜職は昼職より時給がいい分、目に見えない危険も多くはらんでいますからね。

 

さらに言うならば20歳超えてからがいいと思います。

未成年はお酒が飲めませんから、20歳以上であるとお客さんに嘘をつくか、

お酒が入っていると嘘をつくかのどちらかをすることになりますからね。

まぁ未成年の女の子は大抵が20歳以上と嘘をついています。

 

逆に上は何歳までオッケーなのかというと、それはお店によると思います。

私が働いた時にいた最年長は32歳でした。

 

お酒が弱くても大丈夫?

強ければ強いほど働きやすいですが、弱くても大丈夫です。

実際1年ガールズバーで働いてお酒を飲んでいましたが、始めた当初から今でもお酒は弱いです。

 

ガールズバーは自分でお酒を作るお店が多いです。

だから焼酎などの見た目でわからないお酒なら薄めに作ったりもできます。(店内暗ければ入れなくてもバレないです。)

でも適度に酔ったフリしとかないと疑われたり、最悪自分のグラスを勝手に飲まれたりします。

 

でもシャンパンみたいなお客さんと一緒に飲まなきゃいけないものが入った時には諦めましょう。

(飲んですぐ酔う前にトイレに吐きにいく子もいます。)

 

どのくらい稼げるの?

時給

やっっすいところで1000円〜

高い所は4000円とかあるみたいです。キャバクラかよ・・・。

 

私が働いていた所は1件目1300円。2件目は出勤日数週6で2200円だったような気がします。

平均的には1500円くらいが多いかなと思います。

ガールズバーによって(地域によって)時給は差がありますので、求人広告をみてください。

 

求人広告と実際に面接に行った時とでは時給が違うことがあります。

求人広告に「時給2000円以上☆」と書いてあっても、

出勤日数や月毎の個人売り上げによって時給が変動するタイプや

お客さんについている時だけ時給が発生するタイプなどあります。

 

また、ガールズバーに限らず夜職全般そうですが、

面接の時に舐められると時給を低めに設定されることもあります。

自分の納得する時給を提示してくれる所で働きましょう。

 

バック(時給+αのお金)

自分が働きたい地域の時給が低くてもがっかりしないでください。

時給が低い分バックがいいところもあります。

 

例えば、私が働いた所では女の子に飲ませるドリンクのサイズで

Sドリンク1000円、Mドリンク2000円、Lドリンク3000円というのがありました。

Sドリンクなら300円、Mドリンクなら800円、 Lドリンクなら1500円のバックがありました。

 

面接の時に時給だけでなくバックの説明も受けてくださいね。

 

気をつけてほしいこと

金銭感覚

夜は夜で大変なこともありますが、やはり普通の昼間のアルバイトよりも効率良く稼げます。

普段普通に生活していれば、10円が落ちていたら拾うような人でも

夜職をすると目の前で簡単に5万10万使う人を目にします。

 

お金も稼げるようになって自分の中の1万円の価値が下がります。

若さと美しさは金になりますが、それらは永遠ではありません。

一度上げた生活水準を下げるのは難しいです。

 

夜職をプロとしてやっていく気がないのであれば、夜の金銭感覚に慣れないようにすることが大事です。

 

自分の生活を大事に

ガールズバーはキャバクラよりも気軽に始められるので、学生が多いです。

でもガールズバーでのバイトで手っ取り早く稼げるお金に夢中になって学業をおろそかにしないように気をつけてください。

 

目の前のお金のために自分の夢と将来を捨ててはいけません。

 

夜は変な人がいっぱいいる

夜は変な人がいっっっっっっぱいいます。

ここには書けないような危ない人もいっっっっっっぱいいます。

自分の身は自分で守りましょう。

 

少しでも変だなと感じたら店長に相談しましょう。

それで守ってくれない場合はそのお店はカスです。やめましょう。

 

水商売は頭が悪くてもできると思われがちですが、本当に頭が悪いと痛い目にあいます。

従業員でさえ頭おかしい人がいる世界ですので、

もう一度言いますが、自分の身は自分で守りましょう。

 

体入をしましょう

色んなシステムのお店があります。

できれば本入店するまえにいくつか体験入店をして、比べましょう。

「今日はどうだった?ここで働く?」と聞かれたら、「酔ってるので、帰って少し考えてから連絡します。」と言えばいいと思います。

 

初めてなら時給よりもバックよりも居心地を優先して

働いてみないとわからないことがたくさんあります。

時給やバックがいいからと入店して、後から客層が悪かったり女の子同士の派閥があったりすることに気がつくと、とてもしんどいです。

 

初めてならお金よりも困った時にサポートしてくれる人はいるか

自分にあっているかどうかを優先して決めたほうがいいと思います。

 

大事なこと

みうめ
あくまで私の体験を元に話をしています

ガールズバーのバイトが気になるのなら、とりあえずやってみればいいとおもいます。

 

夜の仕事なんて・・・と言われるかもしれませんが、

夜働くことで昼しか働いたことのない人には見えないものも見えるようになるし、

普段聞けない大人の男の本音も聞くことができます。

 

私は夜職をやってみてよかったと思います。

 

大事なことは、

 

プロになる気がないのなら夜の感覚に慣れないこと。

自分の身は自分で守ること。

 

 

この記事がこれからガールズバーで働こうと思っているあなたの役に立ちますように。

時給5000円以上!【体験ガールズバイト】

 

みうめ
もっと知りたいことがあればお気軽にコメント・メールしてください。お待ちしてます。






コメントを残す