• スケーラー
    スケーラーでセルフ歯石取り。寝起きの口臭が減った\(^o^)/
    2018-06-21
  • QBハウス 施設
    1000円カットのQBハウスに23歳女が勇気を出して行ってみた
    2018-05-21
  • ウエディングドレスの女性がタキシードの男性の首に手をかけている フォトウエディング
    冬のフォトウエディングロケーション撮影☆工夫次第でお安くできる!
    2017-12-14
  • ミレーナ装着当日レポ ミレーナ IUS
    【マジ痛い】ミレーナIUSレポ① 装着当日。気になるアレコレ聞いてみた
    2017-12-31
  • パンチパーマの笑顔のおばさん 人間関係
    母乳信者のおっぱいおばさんが出来上がるまで(仮説)私も予備軍の一員だった
    2017-10-13
  • ベビーカーに乗る赤ちゃんに布がかけられている 人間関係
    私が実践した いきなり我が子に触ってくるおばさん対策3つ
    2017-10-26
  • ツイッターの青い鳥っぽいイラスト ママ友
    育児が孤独で辛すぎて、私はママ垢ツイッタランドに帰還した。
    2017-10-11
  • 考える人 発達障害
    うちの旦那は発達障害グレーゾーン
    2018-04-28
  • コイデカメラで作ったバッジと袋 人間関係
    カメラ屋さんで スマホから「おさわりおばさん避け」缶バッチ作成してきました。
    2017-11-04
  • マカロンバス完成図 便利グッヅ
    楽!節水!マカロンバスでワンオペ風呂を乗り切れ!!
    2018-04-12
  • ハートのオブジェを持つ女性 母として
    体力と精神をすり減らさないために、出産入院前の自分へ5つのアドバイス
    2018-03-24
  • 陣痛 出産
    はじめての出産。「痛み」に焦点を当ててレポートしてみた
    2018-03-20
私がママ垢を一度辞めた理由。ネットもリアルもママ友は色々☆
スポンサーリンク

ツイッタランドはいろんな最新情報を入手できるし愚痴も吐けるし孤独感もないし最高

フォロワーさんの赤ちゃんも可愛いから、知らん人の赤ちゃんでもTLに流れてきたら画像拡大して見てますゴメンナサイ。

ツイッターの青い鳥っぽいイラスト
関連記事育児が孤独で辛すぎて、私はママ垢ツイッタランドに帰還した。
2018.5.11
ツイッタランド。 ツイッターで主に育児のことについて呟くためのママアカウント(以下ママ垢)を持っているお母さんたちがツイッターのことをそう呼んでいます。 ディ●ニーランドのような楽しい世界+ツイッターということなんでしょう。 私も娘の妊娠発覚時からママ垢を持っていて、一旦辞める宣言をしましたが、先日...

 

便利&癒しの空間なんですが、娘の妊娠発覚からやっていたママ垢を一度辞める宣言をしたんですね。

(結局1ヶ月で孤独に耐えかねて帰ってきたわけですが)

 

どうしてそんなに楽しい場所から一回抜けたのか、ツイッターでちらっとお話ししましたが、その理由をもうちょっと細かくお話しします。

旦那に垢バレしてた

元々ツイッターは鍵アカウントでやっていましたが、

なにかと鍵を外したくなる理由がいっぱいでできて、途中から鍵を外しました。

 

私が独身で子供もいなければ知り合いにバレたってまぁ別にいいんですけど、

子供や旦那との生活のことも自由に書きたかったの、

自分も家族も顔は絶対に出さないようにして、自分に全然関係ないアカウント名でツイッターをやることにしました。

 

しかし以前一度ツイッターに上げた画像がバズってしまって、

育児アカウントとは全く関係のないTwitterアカウントを持っている旦那に私のツイッターアカウントがバレました

 

旦那
もしかしてこれって みうめのアカウント?
みうめ
えっ、あっ、おっ、そ、そうやで!((滝汗))

旦那にツイッターのアカウントは絶対にばれないようにする!!と気合を入れていたわけではないのですが、

なんか旦那に見られたらヤバいこと書いてないか?と ちょっと焦りました。

 

旦那
そっか〜じゃあいつか気になってアカウントのぞきに行っちゃうかもしれないから、ブロックでもしといて〜。

と言われましたが、ブロックしたところで別のアカウントからインして検索すれば余裕でみれるし、意味ないんで特にブロックとかはしませんでした。

 

そのままそのアカウントをママ垢として使っていましたが、なんとなく気になってしまっていてやりづらかったです。

 

今回アカウント名とアカウントIDを変えましたがトップ画は変えてません。

この変なキャラクター気に入ってるんで。

2018/05/20 追記
当時アイコン
みうめのアイコン

これでまたバレたらもうその時はその時ですね。諦めます。

お前の嫁は頭の中でこんなこと思ってるぞ。存分に引け。

 

スポンサーリンク

フォロワーが増えて不安も増えた

フォローしてる人数が60人か70人かそんなもんしかいなかったんですけど、

ツイッターを続けているうちにフォローしてくれている人がフォローしている人数よりも+100人くらいになってました。

 

フォローしている人のツイートは全て読みたいし、

もうこれ以上あまりフォローする人数を増やすと全部読み切れないだろうなと思って途中からフォロバをしなくなりました。

 

そのせいなんですかね。なんか色々なことが起こりました。

 

ツイートの内容に気を遣わなければならなくなった。

自分の子供が他の子供と違うことで悩んでるお母さんはたくさんいて、ちょっとした発言でも傷つく人がいます。

 

だから私がもし、

「今日は娘の身長体重測定♪健康に育っててくれてよかったー!」とか頭カラッポにツイートしてしまったら、

身長や体重の伸びで悩んでる人がイラァっとするんじゃないかと考えてしまってツイートするのをやめてしまったり。

 

ちょっと愚痴を言ったら「みんなほっこりするツイートを心がけようよ☆」とかエアリプ飛んできたりとか。

 

のびのび思ったことをツイートしてよかった頃の私のツイッタランドはどこ!?という状態に。

 

裏垢の晒し

面白くてこの人すきだな〜と思っていた人がいました。

その人はある日突然ママ垢で裏垢を公開し始めました。「これ、裏垢です。→@?????」

 

結構仲良くなれたと思っていたしこれからも仲良くしたかったのでフォローしてみたら、

どうやらその人は私がその人の裏垢をフォローする前に私のツイート内容をスクショして裏垢で晒していたようで、

それを消し忘れていた。という事故がありました。

 

結構ショックでした☆

仲良しだと思っていたのは私だけだったー!ただの片思いだったーーー!あああああー!

 

こうなると私のメンヘラスイッチはONになります。

みうめ
結構好きだった人にさえ裏垢で晒されてるんだったら、そうでもない人も私のツイートを影で笑ってるんじゃないだろうか。

知らない鍵垢からフォローされているけど、晒し垢なんじゃねぇか。

嫌ならフォロー外してくれよそれとなく察するから無理に仲良くしてくれなくていいからウウウウゥ

 

しかもこの時私はダイエットを頑張ろうと 身長、体重、全身のサイズ、そして顔こそ隠しているものの全身の写真をブログにアップしていました。

これをもし裏でディスられたとしたらメンヘラの私にはダメージ強すぎて瀕死状態になると思います。

 

自分でも頭おかしいこと言ってんなって思う時はあるんですよ。

でも私なら、「この人合わねぇな」って思ったらフォローしてない人はミュートにしちゃうし、相互フォローしてる人ならリムーブします。

 

誰が本当の味方で誰が敵なのかわからない。リアルのママ友もネットのママ友も変わらない

こういう裏垢での晒しや捨て垢からのディスりは話に聞いてはいたけど、ママ垢の闇を体感した気がしました

 

スマホの向こうにいるのは人間

今時小・中学生が学校で習いそうなこんな基礎的なネットリテラシーを忘れてたのかもしれません。

 

もうとっくに成人した大人だし、ていうかもう人の親だし、リアルで言えないことはあんまり言わないようにしようと思います。

万一知り合いにバレた時にまぁいっかと思えるような事に止めておこう。

それでも結構あけっぴろげかもしれないけど。

 

でもでもでもやっぱりリアルで言えないことだからこそ匿名のネットで言いたい!!

そういう時にはそれに対する批判が来ることも覚悟した上で、

相手が真剣に批判してくれているならこちらも真剣に応えて、面白半分・ただディスりたいだけな人・頭おかしい人に対してはあまり消耗しないようにしたいです。

 

あー!ネットってほんっっま楽しいですね!!(ヤケクソ)

 

ネットでいくらクソみたいな事がいくらあってももうママ垢をやめたりしないと思います。

だってデメリットよりもメリットの方が多いからね!これからもよろしくおねがいします✌︎('ω'✌︎)

スポンサーリンク
関連キーワード
  • 睨み合う女性
    ママ友がこじれる理由。ママ垢から学ぶ、リアルで気をつけたいこと。
  • 逆さ吊りにされた人形
    捨て垢での悪口・2ch(5ch)晒しの横行は、ママ垢が減る原因になる。
  • ツイッターの青い鳥っぽいのが燃えている
    私がママ垢を一度辞めた理由。ネットもリアルもママ友は色々☆
  • ツイッターの青い鳥っぽいイラスト
    育児が孤独で辛すぎて、私はママ垢ツイッタランドに帰還した。
おすすめの記事