授乳やめて完ミになりました。次回のお産でもワンオペなら迷わずミルク!
スポンサーリンク

娘8ヶ月の体重測定をした時、標準体重の範囲内ではあったものの、1ヶ月前(7ヶ月)と体重が変わってませんでした。

みうめ
あれ、乳あんまり出てないのかな?

 

7ヶ月の測定時は便秘で、8ヶ月の時はスッキリした後だったのかもしれませんし、

洋服の重さが全く違ったのかもしれません。

 

しかし、とにかくその場で数字を見る限りは1ヶ月間体重が伸びてなかったのです。

 

私は決意しました。

そうだ。授乳やめよう。(そうだ、京都へ行こう風)

 

「私が」やらなきゃという呪縛からの解放

子供を抱えながらアイロンをかける女性

母乳を選択すると、生命維持の重役につくことになる

生まれたばかりの赤ちゃんのお世話は、

  1. おっぱいorミルクを飲む
  2. オムツ替えや入浴(衛生)
  3. 寝る
  4. 抱っこ

この4つを朝も夜も関係なく繰り返すことになります。

 

出産直後は母乳の出が悪く、ミルクと母乳の混合でやっていましたが、

だんだんと母乳が出るようになり、1ヶ月検診の後からほぼ完母(※月に数回だけミルク)になりました。

 

家計の負担にならないよう、できる限りミルクに頼らず母乳で育てようという気持ちでいたのですが、

完母を選択すると、授乳は24時間365日母親が担当することになります。

 

そして赤ちゃんのお世話の1/4が必ず自分が担当することになると、

他の「母親でなくてもできること」も、おおよそ自分がやることになってしまいました

これがとても辛かった。

 

命がかかっているため失敗は許されない。(母乳が出ないなど)

なのに自分以外は基本的に仕事を代わってくれない。というのは責任が重かったです。

 

食べなきゃ・飲まなきゃ・寝なきゃ

お産の前はミルクでも母乳でもどっちでもいいやと考えていましたが、

お産した病院が母乳推奨でちょっと古い考え方だったことと、少しでも家計に負担をかけまいという思いがあり、

産後はいつのまにか「どうにかして母乳を出さなければならない」と考えるようになっていました。

 

助産師さんや保健師さんにアドバイスをもらい、本やネットで母乳に関することを調べて、

母乳を出すにはしっかりと食べ・多くの水分を摂り・寝なければという結論になりました。

 

しかし、うちは核家族

実家も義理の実家も頼れない旦那は激務(当時)育児参加ゼロワンオペ

私1人で昼夜関係なく泣く赤子の世話をしながら家事をこなさなければなりませんでした

 

そんな状況で「しっかりと食べ・多くの水分を摂り・十分な睡眠を取る」なんてできるわけがないんです。

 

どんなに頑張っても3つのうちの1つは欠けてしまう。

産後メンタルの私は「食べ・飲み・寝る」がちゃんとできない自分を攻めました

 

今思えば、ワンオペで育児と家事をしてつらいのなら

母乳で悩む時間を捨ててさっさと完ミを選択していればよかったです。

 

旦那も夜泣き対応をするようになった

うちの娘が夜中に泣き出す理由は

  1. おっぱいorミルク
  2. オムツ
  3. 眠れない
  4. 抱っこ

のうちのどれかです。

 

1/4の確率でおっぱいなので、ほぼ完母だったうちでは私が夜泣きの対応をしていました

泣いてる理由が2〜4番だったとしても 激務の旦那を夜中に起こすのは申し訳なくて私が夜泣き対応をしていました。

 

しかし今はおっぱい終了! &旦那も激務ではなくなりました。

翌日2人とも仕事が休みの日には、夜泣きの対応はじゃんけんやその日のお互いの疲れ具合で決めるようになりました

 

「絶対に私がやらなければ」から「私でも旦那でもOK」になって、少し肩の荷が下りました。

 

スポンサーリンク

ちょっと寂しくもあった

子供

肌の触れ合いが減った

うちの娘はもう哺乳瓶を自分で持てますので、ミルクの時には哺乳瓶だけ渡せば1人で飲めます。
最後の方は傾けて飲めないので補助が必要ですが、自分で持ちたがります

しかし母乳の場合、お母さんの胸から直接飲む事になるので、授乳の5分間くらいはぴったりくっついた状態になります。

 

母乳で育ててもミルクで育てても、お母さんから子供への愛情が変わるわけではないですが、

そのスキンシップの時間がなくなって、私の元をまた少し離れていってしまうような感じがしました

 

娘の成長を嬉しく思う反面、これからも私が寂しく感じることはたくさんあるんだろうなと思います^^;

 

母乳が出るように頑張った

めちゃくちゃ痛いおっぱいマッサージを受けたり、お腹が空いていなくても食べたり、母乳の出にいいと言われることを色々とやって。

あれだけ頑張ってやっと出るようになった母乳を自ら止める選択をするのは、難しかったです。

 

授乳を続けたままミルクを足すのも考えましたが、

  • 準備をするのに時間がかかる
  • 外出時の荷物が多い
  • 哺乳瓶を洗ったり消毒したりしなければならない

このように、ただでさえ面倒なことの多いミルク育児をしながら、

母乳継続のために「授乳しやすい下着をつけて、胸の張りも我慢しよう」とまでは思えませんでした。

 

完母か完ミの二択

完母の方が準備も後片付けもなくて楽※超個人的な意見なのでこれからも続けたい気持ちがありましたが、

娘の体重が伸びていない(疑惑ですが)のではしょうがないので、完ミに切り替えました。

 

次の子育て お金に余裕があればミルクを選択したい

牛

先ほども言いましたが、ミルク育児は手間が多い

  • ミルクを作るのに時間がかかる
  • 外出時の荷物が多い
  • 哺乳瓶を洗ったり消毒したりしなければならない

その上完ミの場合お金も結構かかります。月1万円〜くらいかな?

 

母乳はミルクと比べて時間もかからないし荷物もない片付けもありません

その上添い乳ができるようになれば寝かしつけや夜泣き対応の時にもサッと授乳できるので便利です。

 

子育て経験のない人にミルクと母乳のどちらがいいかと尋ねれば、

ほとんどの人がこういう表面的な利点のみを考えて「母乳がいい」と答えるのではないでしょうか

 

しかし、完母も完ミも経験した私は、

「ミルクの面倒くささ&お金 < 完母で母親1人にかかる責任」だと感じました。
(※個人的な意見

 

人によってどちらが合うかは違うと思うので、あくまで私の個人的な意見でしかありませんが、

完母にしてしまうと「私がやらなきゃ」と思ってしまう上に、しんどくてもお母さん(私)がやるのが当たり前になってしまうから、「代わりにミルクあげといて」とも言いづらかったです。

 

授乳はお母さんにしかできませんが、ミルクは誰でも与えることができます。

母乳の出が悪くて自分を責めることもありません

 

産後メンタルの弱り方はハンパないので、次回もし出産することがあって、お金に余裕があれば、ミルク育児を選択したいです。

スポンサーリンク
関連キーワード
子育て, 出産の関連記事
  • ファーストシューズ
    1歳半検診に行ってきた話。テストがあるなんて知らなかった
  • 西松屋99円セール2018
    【2018】西松屋99円セール開催2日目に3軒の西松屋ハシゴしてみた
  • 豚の貯金箱
    保育園に子供を預けながらパートで10万稼いだぞ!
  • お赤飯
    初めての生理で赤飯なんて炊かれたら恥ずかしさでキレてたと思う
  • 鉛筆とノート
    24歳になったマッマの「やりたいことリスト100」はこんな感じ〜!
  • アイスクリームを持つ女性
    2週間ちょっとの慣らし保育の間にやってたこと
おすすめの記事