本当に達成したい目標は口にしてはいけない。抱負の代わりにやらない事リストを書き出す




遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

1年の始まりや、新しい環境になったりすると、抱負を発表する人が多いですよね。

 

でも私は今年、あえて「抱負」ではなく「やらない事リスト」を書き出してみようと思います。
2018年ももう何日過ぎたんだって? うるせぇ!10日、いや、今月中ならセーフじゃウォラァア!!

 

抱負を言わない理由

口に人差し指を当てる女性

Twitterを見ていても、好きなブログを見に行っても、年が明けた瞬間みんなこぞって「今年の抱負」を述べているではありませんか。

  • 今年は◯キロ痩せる!
  • 仕事がんばる!
  • 彼氏作る!

 

1年のはじめに心新たにして目標に向かって頑張りますという姿勢、素晴らしい

私もかつてはそうしてました。

今年は4キロ落としますとか、TOEIC150点上げますとか、お酒で失敗しません(えっ)とか。

 

宣言するだけで目標に近づいた気分になってしまう

宣言して、その目標に向かって頑張れる人はいいんです。

でも私みたいなタイプの人は、宣言するという作業をするだけで、もうなんだかその目標に近づいてしまったように錯覚してしまうんです。

 

本来、目標達成のためには苦しい事や、面倒な事を乗り越える必要があるのに、それをしなくなってしまう。

実現するまでは満足感が得られないはずなのに、宣言するだけで満足しちゃうんです。

 

だから、目標や抱負は言いません。本当はあったとしても、心に留めておきます。達成したら自慢します

私の言いたい事は全部↓この人↓が言ってくれるので是非どうぞ ↓Derek Sicers: Keep your goals to yourself

 

 

できない自分に落ち込む

例えば「節約」という目標を立てても、今日は特別だから使っちゃえ〜と思う日があるわけです。

そのあと少しして、ちょっと気分が落ち込んだ時なんかに

みうめ
どうしてあれっぽっちのことが出来なかったんだろう。ダメ人間だな

と、むちゃくちゃ責めてしまうんです。

 

自分で勝手に立てた目標なのに、それに苦しむことになるんです。

だから、「こうなったらいいな〜」くらいの事しか思わないようにしてます

 

やらない事リスト

noのチェックボックス

頑張るって言わない

「頑張る」って言うと、「頑張らなきゃ」(やらなくてはならない)にいつの間にか変換されてしまう脳みそなので、

「頑張る」って言わないようにします。

疲れる辛い "頑張らなきゃ病" をもうやめよう。

2017.12.08

 

人の期待を背負わない

知り合い
みうめちゃんって◯◯だから、すごいよねー!

こうやって褒めてくれる人がいると、とても嬉しいし、自分が認められた気分になります

 

でも、「◯◯だからすごい」と言われると、「〇〇でなければすごくない」、

ひいては、何か失敗してしまった時に、「失敗するのは、今の私が〇〇でないからだ」と考えてしまうのです。

 

本当に面倒な頭ですね。

 

褒められるのが嬉しくて、人からの評価を気にしてばかりいると、自分を苦しめることになります。

人からの期待を背負わずに、自分が「何をしたいのか」、「どうしたいのか」に焦点を当てて行動できる人はいつも輝いていますね。

 

今年は誰かが理想としていた私の像をぶっ壊してもいいと思います。

 

旦那のお世話

朝起きる時間になったら起こして、家を出る時に忘れ物がないか確認、家を出た後はひっくり返したままの靴下を戻して洗濯機へ。

食べ終わった朝ごはんのお皿をシンクに持って行って、デスクに置きっ放しのグラスと空のペットボトルを回収。

 

朝イチの作業だけでこんなにお世話してました。

1日どのくらいのお世話をしているかを作文にするのなら、原稿用紙4枚分はサラサラっと書けます。

 

みうめ
私は!あんたの!オカンちゃうで!!

 

2018年は旦那のお世話をしません。

そりゃ一緒に生活する者として、多くの家事をする専業主婦として旦那のためにすることは色々ありますが、

オカンかよと言いたくなるレベルのものはもうやりません

 

“がんばって” 靴下を自分でひっくり返して洗濯機に入れてください。

 

自分を過信しない事の重要性

2018の札

皆さんは2018年、どんな抱負を述べましたか。

よっしゃやるぞー!と気合を入れるのもいいことですが、それ本当に達成できますか?宣言するだけで満足していないですか?

今一度見直してみてはいかがでしょう。

 

そして、「やらないことリスト」も是非作ってみてください。

なーんか心が軽くなりますよ。