証明写真 アプリを使ったらコンビニで安く作れたぞ!【4枚30円】

証明写真の画像




 証明写真って、1枚か2枚使ってあとはだいたいなくすし、6枚とか8枚とか自分の顔出てきてもいらなくないですか

そもそも値段。うちの周りにあるセルフ証明写真機は全部800円。高い

 

ちっっっっさな写真にそんなにお金かけて、履歴書に貼る証明写真は不採用だったら捨てられるんですよ?

しかも証明写真を撮るためにわざわざ証明写真機を探すのもそのための時間を確保するのも面倒くさい

 

お家の近くにセブンイレブンローソンファミリーマートのどれかがあれば、

スマホを使って、証明写真4枚30円でできるって知ってましたか。
(1シート 写真4枚分)

アルバイト・パートの面接に使う履歴書なら、安く・早く・簡単に済ませましょう。

①セルフで撮影『証明写真~かんたん・キレイな履歴書カメラ』

証明写真~かんたん・キレイな履歴書カメラ ( by タウンワーク )

証明写真~かんたん・キレイな履歴書カメラ ( by タウンワーク )
無料
posted with アプリーチ

まずはこのアプリ『証明写真~かんたん・キレイな履歴書カメラ』をダウンロード。

「証明写真~簡単・キレイな履歴書カメラ」の操作画面

写真がテキトーですいません・・・

このアプリは証明写真機と同じように頭の頂点・顎のライン・中心線を画面上に表示してくれるので、自分で撮っても曲がってしまう心配がありません

また、自然な修正で顔色を整えたり、クマをおさえることもできます。

証明写真アプリ完成画像

証明写真として印刷する画像の完成!

履歴書用の写真に限らず、いろんな種類の写真サイズを選択できます

  • 3.0×4.0cm 履歴書用、TOEIC用
  • 2.4×3.0cm 運転免許証用
  • 3.5×4.5cm マイナンバーカード・住基カード用
  • セットパック 上記3サイズのセット(履歴書用2枚、運転免許証用1枚、マイナンバー・住基カード用1枚)

どれを選んでも1シートに写真4枚印刷されます。

 

背景はグレーがオススメ

証明写真用の写真を撮る際に、アプリは白かグレーの背景を推奨していますが、

真っ白の背景で写真を撮ると背景とシートの無地の部分が同化してしまい、切りづらいです。

グレーの背景がある方はそちらで写真を撮ることをオススメします。 

証明写真にする画像が出来上がったら次は早速印刷です。

 

②印刷サービスアプリ『netprint 写真簡単プリント』

netprint 写真かんたんプリント

netprint 写真かんたんプリント
無料
posted with アプリーチ

コンビニで証明写真を印刷するには、コンビニの印刷サービスアプリが必要です。

セブンイレブンかローソン・ファミリーマートの印刷サービスアプリを利用してください。

 

今回は、セブンイレブンでの写真の印刷方法を説明します。

 アプリでの操作内容

プリント予約番号控え
  1. アプリを開き、写真のプリント予約から『証明写真~かんたん・キレイな履歴書カメラ』で作成した画像を追加
  2. ユーザー情報のメールアドレスを入力
    (プリント予約番号の通知先として利用されます。)
  3. プリント予約完了。プリント予約番号を控えるか、予約番号通知のメールを保存。

予約番号がわからないと印刷できませんので、お忘れなく。

 

③コンビニのプリンターで印刷

セブンイレブンコピー機トップ画面

セブンイレブンの印刷機はATMの近くかお店の4隅のどこかにあります。

たまに印刷機を設置していない店舗もありますので、ご注意ください。

プリンター操作方法

  1. トップ画面左のプリント 写真プリント・ネットプリントなど を選択
  2. ネットプリント を選択
  3. プリント予約番号を入力
  4. カラーモード:フルカラー 出来上がり用紙サイズ:Lサイズ を確認して決定し、印刷

 

完成!証明写真機と比較して メリットとデメリット

できあがった証明写真

証明写真って眉出すの恥ずかしいよね。

完成しましたー!キレイだし、写真のツヤもちょうどいい。 ほんとに30円で4枚できたー!

こんなことできるんだったらもっと早くからやってればよかった……

 

何度でも満足いくまで写真撮影が可能

証明写真機は外に設置してある場合があって寒い・暑いことがあります。

しかも外に人がいたりすると焦る。集中できない。

 

私は証明写真を撮る前に髪の毛をぴっちり整えて表情を研究しながら(?)やりたいタイプ。
しかも育児中なので、しゃ

誰のことも気にせずに家で空いてる時間にゆっくり撮れるこの方法はぴったりでした。

 

証明写真機のほうが紙がすこーしだけ厚い

コンビニの写真プリントは「証明写真」ではなく、あくまで「普通の写真」として印刷されてくるので、

証明写真機で撮るよりも紙がすこーしだけ薄いんですよね。

 

でも履歴書に貼ってみた感じ何の違和感もありませんでしたし、

厚さを必要とするようなハードな使い方をされる証明写真もなかなかないんじゃないかと思います。

 

カラー背景はセルフでは難しい

セルフで写真を撮るには家だとだいたい部屋の壁紙を使うことになると思いますが、

うちで背景にできそうなのは白の壁しかありませんでした。

白の壁紙でも真っ白に写るわけではないのでちゃんとできますが、やはりグレーや青の背景に比べると写真を切り取りづらかったです。

 

証明写真でよくあるようなグレーは家にはないし、青や他の色は自分で撮影すると影ができてしまいます

カラーの背景を希望の場合は証明写真機またはカメラ屋さんで撮ってもらうべきでしょう。

 

セルフが圧倒的に安い

何よりこれが一番です。

学校の入学試験や大事な書類の写真に……というのであれば、「800円か……グヌゥ、仕方ない。」と思いますが、

アルバイトやパートの履歴書に使う顔がわかればいいだけの証明写真に、800円は高すぎると感じていました。

 

証明写真機800円 ÷ セルフ証明写真30円 = 26.66666… 四捨五入して27。

セルフ証明写真機の約27分の1で証明写真が撮れる(((;゜Д゜)))

 

この方法を選ぶ理由なんて、もうこれだけで十分でしょ

みんな、時間もお金も節約して証明写真を作ろうぜ!

 







コメントを残す